【ブラックフライデーセール】Leapwing Audioがセール開始、ローエンドにパンチを与える強力なサブハーモニクスプラグイン「RootOne」が130ドル圧倒的史上最安値等、各種製品が40%OFFに!!!

【ブラックフライデーセール】Leapwing Audioがセール開始、ローエンドにパンチを与える強力なサブハーモニクスプラグイン「RootOne」が130ドル圧倒的史上最安値等、各種製品が40%OFFに!!!

Leapwing Audioがセール開始、ローエンドにパンチを与える強力なサブハーモニクスプラグイン「RootOne」が130ドル圧倒的史上最安値等、各種製品が40%OFFになっております。
Leapwing Audio「RootOne」は従来のジェネレータと異なり、独自の分数調波周波数を生成することによってオリジナルの信号との一体感のあるブレンドを可能にする珍しいサブハーモニックジェネレータです。
可能な限りクリーンなローエンドを追求することを意識して開発されたとのこと。

ローエンドに妥協しないでください。RootOneは、分数調波周波数を生成および形成するための新しい方法としてゼロから設計されています。Leapwingは、可能な限りクリーンなローエンドを作成し、オリジナルと位相を合わせて、1つのソースからの結果のように聞こえるようにしました。RootOneには、カスタムクロスオーバー周波数の3つの低周波数帯域が付属しています。各バンドは、選択したバンドの1オクターブ上の周波数を探し、振幅と位相を注意深く分析した後、そのバンド内でクリーンなサウンドを生成します。 

 

従来の分数調波ジェネレーターは、バンドパスされたピッチシフト信号を使用します。これにより、元のサウンドから切断されることがよくあります。したがって、Leapwingは、独自のピッチおよび位相追跡アルゴリズムを開発することを選択し、それをクリーンな信号発生器と組み合わせました。 4番目の飽和帯域では、低中音域の倍音を作成して、ローエンドのトーンとサウンドを完全に制御できます。各低周波数帯域は、ダイナミクス、減衰、およびドライブも制御できます。



特徴
  • 独自の分数調波ジェネレーター:最もクリーンな低周波数を生成する独自のアルゴリズム。
  • ピッチフォロワーと位相調整:  Leapwingは、信号を単にピッチシフトする代わりに、高度な分析を使用して、音源と位相調整された分数調波を生成します。
  • フルハーモニクスシェーピング:サチュレーションモジュールを使用すると、これらのミッドレンジハーモニクスをシェーピングして、小さなスピーカーでカットスルーすることができます。
  • 究極のダイナミクス、ドライブ、ディケイコントロール:新しく生成された分数調波を形作るための計り知れないコントロール。
  • シンプルでありながら美しいデザイン:最適なワークフローに焦点を当てた、ユニークなデザインの美しいサイズ変更可能なRetinaインターフェース。
12/7まで。