割引率で絞り込む
AD: Advertisements from Google etc.

【最安値大幅更新】女声合唱のソプラノ、アルトパートを収録したリアルなレガートトーンを実現するクワイア音源のプラグインバージョン Aria Sounds「Aurora Choir (VST3/AU)」が95%OFF、19ドル圧倒的過去最安値に!!

2023年12月27日水曜日

↑90%OFF

【過去最安値】女声合唱のソプラノ、アルトパートを収録したリアルなレガートトーンを実現するクワイア音源のプラグインバージョン Aria Sounds「Aurora Choir (VST3/AU)」が95%OFF、19ドル圧倒的過去最安値に!!


【過去最安値】女声合唱のソプラノ、アルトパートを収録したリアルなレガートトーンを実現するクワイア音源のプラグインバージョン Aria Sounds「Aurora Choir (VST3/AU)」が90%OFF、19ドル圧倒的過去最安値になっております。去年あたりにKontaktバージョンだけでなく新たにプラグインバージョンがリリースされました。

尊敬されるオーロラ合唱団の VST/AU バージョン!! 合唱団は中規模のホールで録音され、ボーカリストの素晴らしいサウンドが無駄にならないように 4 つのマイク ポジションが使用され、原始的でクリアなサウンドが得られました。4 つの利用可能なポジションから選択するか、独自の個人的なブレンドを作成します。


Aurora Choir は、VST3/AU 形式のエレガントで強力な合唱サンプル ライブラリであり、Aria Sounds にとってマイルストーンのようなものであり、何時間もの作業、研究、微調整の集大成です。

ライブラリには、ソプラノとアルトの両方の女性歌手が 3 つのモードで含まれています。

レガート– プラグインが 2 つのノート間のピッチ ベンドをクロスフェードしてノート間の有機的なトランジションを作成する、再生可能なスクリプト レガート (録音されたレガートではなく)
Poly – ポリフォニック エフェクトをオンにし、声でコードを演奏できるようにします。
短い音節- 「ディ」、「ラ」、「ソル」、「レイ」、「イル」などの標準的なラテン語のフレーズで、便利なシーケンサーで組み合わせて長いフレーズを作成できます。フレーズをシーケンスに配置して再生するだけです。入力した音節を合唱団が自動的に歌います。
このプラグインは完全にサイズ変更可能です。左上隅の 3 つの点をクリックするだけで、UI のズーム量を 50% (半分のサイズ) から 250% まで変更できます。

注: このプラグインは Kontakt ライブラリ バージョンと同じコンテンツを備えていますが、プラグイン形式に変換されています

注: すべて女性ボーカル




4 つのマイクポジション (48kHz / 24 ビット)

合唱団は中規模のホールで録音され、ボーカリストの素晴らしいサウンドが無駄にならないように 4 つのマイク ポジションが使用され、原始的でクリアなサウンドが得られました。4 つの利用可能なポジションから選択するか、独自の個人的なブレンドを作成します。

ポジションは近いものから遠いものの順に並べられており、クローズ コンデンサー マイクとクローズ リボン マイク (より暗く温かみのあるサウンドを求める場合) のどちらかを選択することもできます。さらに残響のあるサウンドをお求めの場合は、インターフェイスにリバーブ スライダーがあり、このライブラリが外部リバーブを非常にうまく取り込んでいることも嬉しいでしょう。

これらのマイクの位置にはすべて、次のような同一のコントロールが付属しています。

ボリューム– ミックスの残りの部分に対するマイクのレベルを制御します。
パン– マイクのパン位置を個別に設定します
Send 1 – マイクの位置にミックスされる Effect Send 1 の量を制御します。
Send 2 – マイクの位置にミックスされる Effect Send 2 の量を制御します。


2 つの独立した FX スロット

Aurora Choir プラグインを使用すると、4 つのマイクをそれぞれルーティングできる 2 つの独立したセンド エフェクト スロットが得られます。これらの FX スロットには、5 つのさまざまな FX から選択できます。

リバーブ– これは、ウェット コントロール、ダンピング、ステレオ幅、ルーム サイズのコントロールを備えた標準的なアナログ リバーブです。
ディレイ– これは、タイム左/右、フィードバック左/右、ミックスのコントロールを備えた標準的なディレイエフェクトです。
Chorus – レート、幅、フィードバック、時間のコントロールを備えたコーラスエフェクトです。
Phaser – Freq.1、Freq.2、Feedback、Mix、LFO Depth、LFO Speed のコントロールを備えたフェイザーエフェクトです。
Convolution – ArenasからWooden Rooms、クラシックなPlateまであらゆるものをカバーする34のプリセットを備えたコンボリューションリバーブです。
プリセット: Aurora Choir プラグインには、後ですぐに呼び出せるように任意のプリセットを保存できるプリセット ページがあります。

追加のコントロール:

Aurora Choir プラグインには、パン、ピッチ、ボリュームなどの標準機能が付属しています。次の機能も含まれています。

ベロシティ– キーボードのベロシティは、2 つの異なるサンプリングされたベロシティ レイヤーを介してボーカル サウンドの強度を制御します。
ピッチ ベンド– ピッチ ベンド ホイールを使用すると、ノートを設定量だけ上下にベンドできます。設定パネルでグローバルに適用されるピッチベンドの最大量を設定できます。
モジュレーションホイール– このコントロール (CC1) を使用して、持続的なボーカルサウンドのボリュームを滑らかに増減します。
このバージョンの Aurora Choir は、プラグインで使用されるファイル圧縮と、サンプリングされたレガートを使用する必要がなく、代わりにスクリプト化されたレガートを使用するという事実により、Kontakt バージョンと比較してサイズが小さくなります。これは基本的に 2 つのサンプル間でクロスフェードし、一方を上に、もう一方を下にピッチシフトしてレガートエフェクトを作成し、結果として RAM の使用量と必要なストレージが少なくなります。 


1/5まで。



X(Twitter)をフォローすると最新情報や数量限定のキャンペーン情報を瞬時に受け取ることができます






Bundles Deals
Loopcloud Music App from Loopmasters.com

プレゼントキャンペーン

SNSでも最新情報をお届けしております。(公式Facebookページができました!)

Ghosthack無料サンプルパック

1000 Free EDM Samples

記事を検索

Partners

アーカイブ

QooQ